パートやアルバイトでもノーローンで在籍確認は必須ですか

ノーローンでは審査にあたり在籍確認が必須となっています。この在籍確認は、ノーローンでお金を借りるにあたり最も不安に感じる部分ではないでしょうか。確かにノーローンでは融資を行うための条件として「安定した収入」があることを挙げている以上は、

 

安定した収入を得るための方法として勤務先への在籍確認が必須

 

となるのは当然といえば当然のことかもしれません。ただ、ここで気になるのは「どんな人でも在籍確認が必要なのか」という点です。たとえば会社員や公務員などの場合は、外部から電話連絡が入ること自体はそれほど珍しいことではありません。

 

また、ノーローンなどの消費者金融業者としても信用度を確認するために必要な審査項目のひとつであるともいえます。ではアルバイトやパートで働いている人はどうでしょうか。ノーローンでは、こうしたアルバイトやパートで収入を得ている人であっても、

 

その収入が「毎月一定のもの」であれば融資を受けることが可能

 

です。そのかわり、審査においてはパートやアルバイトの人であっても在籍確認が行われます。理由としては、その収入の安定性を確認するというものが考えられるのですが、もうひとつはノーローンにとっては収入を得る方法はそれほど重要ではないという理由もあります。

 

その人の収入を得る方法が何であっても、とにかく毎月一定の収入があればノーローンではそちらを重視します。そもそも総量規制の関係から年収によって融資ができる金額が決められていますので、収入を得る方法や金額についてはノーローンでは重視しておらず、むしろ

 

融資を行った後の返済が問題なく行えるかどうかがポイント

 

となっています。こうした理由から、パートやアルバイトで収入を得ている人であってもノーローンの審査においては在籍確認が必ず行われます。もちろん時間的には数秒〜数分のことであり、ノーローンの担当者も個人名で連絡をしてくれますので、お金を借りることが知られる可能性はほとんどありません。

 

在籍確認を避けることはできないので、あまり悩まずに申し込んでみると良いでしょう。但し、銀行のカードローンであるレイク 専業主婦であっても「配偶者貸付」に申込めば審査を受ける事が可能です。